浮気調査の事例・料金例|神戸の探偵事務所

浮気調査の料金例

過去の浮気調査事例

張り込み、尾行調査は下記の通り、調査員の人数と着手合計時間によって変動します。
状況により異なりますので、下記の料金はあくまで参考料金とお考えください。
調査員の人数と着手時間

【Case@】西宮市 40代女性/夫の浮気調査
会社の飲み会と言っていたが、携帯メールを見ると、女性との約束が発覚。退勤後、数時間の調査を依頼。
調査員2名
1日間(合計4時間)
4時間×1日
基本料金 60,000円
消費税 4,800円
合計 64,800円
1名当たりの基本料金/1時間@7,500円
車両費1台無料、機材費無料、撮影費無料、燃料費無料、報告書作成費無料
他社参考価格 A社=180,000円(諸経費込)、B社=86,400円(諸経費別)
調査結果 動きがほぼ把握できていたため、見事的中。
しっかりと証拠を取り、後日夫が謝って反省をしている様子なので、もう一度信じてやっていくことにした。
考察 ピンポイント調査は上記のように確実に動きがわかっている場合におすすめです。
動きが把握できない相手の調査の場合は、事前にGPS(車両)で行動パターンを把握したり、連続で数日間調査に当たる事をおすすめ致します。


【CaseA】神戸市 50代女性/夫の浮気調査
夫の書斎の引き出しから女性へのプレゼントらしきものを発見!
携帯を妙に気にしているし、夫の言動に不自然さを感じ、週末に絞って調査依頼。
調査員2名
3日間(合計22時間)
6時間×1日、8時間×2日
基本料金 220,000円
消費税 17,600円
合計 237,600円
1名当たりの基本料金/1時間@5,000円
車両費1台無料、機材費無料、撮影費無料、燃料費無料、報告書作成費無料
他社参考価格 A社=600,000円(諸経費込)、B社=285,000円(車両費別、諸経費別)
調査結果 調査1日目は会社の同僚とともに男女4名で食事へ。その後、まっすぐ帰宅したものの、そのうちの女性との雰囲気に怪しさを感じる。
2日目は特別な動きはなく、午後からパチンコとゴルフの打ちっぱなしへ。
調査3日目。初日の同僚女性と三宮で合流し、食事へ。書斎の引き出しにしまっていたプレゼントを渡す。どうやら女性の誕生日だったようだ。その後、まったりした雰囲気でラブホテルへ。
依頼者様は、これを機に離婚を決意したとの事。
考察 こちらの調査は、金曜日の退勤後6時間と、土日を8時間当たりました。このように日によって、着手時間を自由にお決め頂けるのも当探偵社の特徴のひとつです。調査合計時間が長くなるほどお得なシステム。合計20時間以上の調査ご依頼であれば、1名当たりの時間単価が5,000円以下となり、大変お得な料金体系です。

【CaseB】芦屋市 30代女性
離婚に係る裁判資料のための証拠収集。夫の浮気癖が治らず、精神的におかしくなり、離婚を決意。弁護士に相談したところ、証拠が必要との事で、万全の調査体制で臨んだ。
調査員3名
5日間(合計30時間)
6時間×5日
基本料金 441,000円
車両1台追加 50,000円
消費税 39,280円
合計 530,280円
1名当たりの基本料金/1時間@4,900円
車両費1台無料(計2台出動)、機材費無料、撮影費無料、燃料費無料、報告書作成費無料
他社参考価格 A社=1,080,000円(諸経費込)
B社=540,000円(車両費2台別、諸経費・報告書作成費別)
調査結果 平日会社帰りを連続5日間着手。そのうち、2回浮気相手と会い、いずれも食事の後、ラブホテルへ。夫が浮気相手と別れた後、尾行を浮気相手の女性に切り替え、自宅の割出しにも成功。法的手続きと慰謝料請求へ。
考察 調査員は3名体制がベストです。2名時に比べると人数は1.5倍ですが、調査力は2〜3倍もアップします。連携した車両の尾行、徒歩尾行、先回りして正面からの撮影など、私たちも調査をしていて本当にいい写真が撮りやすいと実感できます。

【CaseC】尼崎市 40代男性
妻が子を連れて福岡より実家の尼崎に帰省。手帳に浮気相手と思われる男性の名前が書いていたため、調査を依頼。
妻はいつ動くかわからないため、帰省中の5日間連続で依頼。
調査員2名
5日間(合計50時間)
10時間×5日
基本料金 475,000円
車両1台追加 50,000円
GPS利用料 17,800円
消費税 43,400円
合計 586,200円
1名当たりの基本料金/1時間@4,750円
車両費1台無料(計2台出動)、機材費無料、撮影費無料、燃料費無料、報告書作成費無料
他社参考価格 A社=1,080,000円(諸経費込)
B社=540,000円(車両費2台別、諸経費・報告書作成費別)
調査結果 最初の3日間は子と出掛けたり妻の母と出掛けるなど、特別疑わしい動きはなかった。しかし、4日目の夕方。これまでの3日間とは服装が違い、タイトスカートにおしゃれな雰囲気。明らかに男性を意識した服装である。大阪の梅田駅で予想通り、男性と合流。おしゃれなレストランで食事を取った後、ラブホテルへ。後に判明したが依頼者様によるとこの日は高校時代の友達と女子会と義母には伝えていたという。
考察 他日と違い、浮気当日の対象者の雰囲気で瞬時に「黒」であると予測された。浮気相手は高校時代の同級生である事が後に判明。女性の浮気の場合、家事や育児をきちんとこなし、男性に比べて抜け目がないため、なかなか見抜けない事が多い。依頼者様がたまたま目にした手帳が決定的な手がかりとなった。